加持リョウジ 【名言・名台詞】

加持リョウジ

彼女の寝相の悪さ、治ってる?」(第八話 : アスカ、来日)...現在の葛城ミサトに就いて同居人の碇シンジに尋ねた際の加持リョウジの台詞。

それは違うな。分かった気がするだけさ。人は他人を完全には理解出来ない。自分自身だって怪しいものさ。100パーセント理解しあうのは不可能なんだよ。ま、だからこそ人は自分を、他人を知ろうと努力する。だから面白いんだな、人生は」(第拾八話 : 命の選択を)...最近になって父や母の事など色々な事が分かって来たと言う碇シンジに対して加持リョウジが言った台詞。

こんな時だからだよ」(第拾九話 : 男の戰い)...第14使徒ゼルエルとの戦闘中、スイカに水を与えている加持リョウジの姿に「こんな時にですか?」と聞いて来た碇シンジに対して言った加持リョウジの台詞。

シンジ君、おれはここで水を撒く事しか出来ない。だが君には、君しか出来ない、君になら出来る事があるはずだ。誰も君に強要はしない、自分で考え、自分で決めろ...自分が今、何をすべきなのか。ま、後悔のないようにな」(第拾九話 : 男の戰い)...第14使徒ゼルエルとの戦闘の中、エヴァンゲリオンに乗らずに避難しようとしている碇シンジに対して言った加持リョウジの台詞。

まるで血の赤だな」(第弐拾壱話 : ネルフ、誕生)...公衆電話での電話後、「最後の仕事か」と言った後にネルフのカードを見て言った加持リョウジの台詞。

よ、遅かったじゃないか」(第弐拾壱話 : ネルフ、誕生)...銃声が鳴り響く前に言った加持リョウジの台詞。

TOPへ